世界に注目された豊富な種類のディオール バッグ コピーの展開

1995年に登場して以来、ブランドの顔として広く親しまれているバッグ「レディ ディオール」。今回ディオール コピーは、また新プロジェクト「DIOR LADY ART」が発足した。メゾンを象徴する「レディ ディオール」を、英米6名のアーティストが独自のフィルターを通して再解釈している。

そのインスピレーションとなったのはクリスチャン・ディオール(Christian Dior)が1947年に発表した最初のディオール スーパー コピーコレクションでゲストを迎えるために使用した、ナポレオン3世(Napoleon III)時代の椅子だ。象徴的なキルティングのディティールは“カナージュ”とも呼ばれ、そのクラシカルなスクエアシェイプ、そしてブランド名を象ったメタルチャームは、これまで豊富な種類の素材や色、その他様々なバリエーションでその姿を変えてきた。

本プロジェクトのために特別に制作されたディオール バッグ コピー作品たちは、マイアミを皮切りに LA、韓国、ロンドン、中国、ドバイ、そしてパリのポップアップストアにて披露される。アーティストの自由な発想を尊重し、「ディオール」のレザーワークの粋にひろがるクリエイティブな世界観に注目だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です